自宅でできるアジのみりん干し作り

他の魚が釣れなくてもサビキなんかでとりあえず釣れるアジ。
ただ「釣りすぎてしまって冷凍したり」「唐揚げは食べ飽きた…」なんていう方の為にアジ料理のレシピを紹介します。

スポンサーリンク









【自宅でできるアジのみりん干し作り】
以前「アジの干物作り」のレシピの記事を書いたところかなりご好評の声をいただきましたので、干物アレンジとして「みりん干し」も作ってみました。みりん干しも普通の干物と同様、とても簡単にできます。

白ご飯との相性の良さは勿論、酒の肴にもよく合います!
538.jpeg


[材料]
●アジ:数匹。大きさはお好みで。勿論アジ以外の魚でも作れます。
●漬け汁:みりん、日本酒、醤油を1:1:0.5の分量で作ります。
 例えば「みりん大さじ2、日本酒大さじ2、醤油大さじ1」という感じです。
 漬け汁の量は魚がしっかり浸かるくらい作成ください。
●ごま:適量
※お好みで漬け汁に塩や砂糖をプラスしても美味しいですよ。

[作り方]

(1)ウロコを包丁やウロコ取りで落とします。
184.jpg

(2)尾びれの横にある固いウロコ「ゼイゴ」を落とします。
185.jpg

(3)エラと内蔵を取ってお腹を洗い、中骨の上の身を切って腹開きにします。
186.jpg
エラ、内臓、血合いをなるべくきれいに取り除いてください。これが残っていると生臭さが残ってしまいます。
また背中の皮をうまく残し、尻尾の先まで丁寧に切るのがコツです。そうしないと干すときに、きれいに開かないので。

(4)頭を残す場合は頭の真ん中に包丁を当て、少し力を当てて頭を割ります。
187.jpg
面倒な方は頭は落としてしまって良いと思います。今回僕が作成したものも頭は落としました。

(5)漬け汁にアジをつけ込みます。
530.jpeg
しっかりアジが浸かるくらい漬け汁を作る方が良いのですが「調味料をダボダボ使うのはもったいない…」という方は念のためキッチンペーパー等をかぶせて漬け汁をひたしておくと上の方まで汁がかかります。
531.jpeg
このまま冷蔵庫で1日くらいしっかりと味付けをします。

(6)取り出したアジは流水でサッとだけ洗い、キッチンペーパーなどで水分をしっかりとっておく。
532.jpg
533.jpg
534.jpg

(7)身を上にしてごまをふる
535.jpg

(8)ひさしのあるベランダ等に干す。風通しの良い場所が一番良いです。
536.jpeg
ハエやカラス、猫から守るためにこのような干し網を使う事をおススメします。
干し網はホームセンターや釣具屋さんで数百円くらいで売ってますので。

干し時間は半日〜2日くらい。
気温や湿度等、干す環境によっても変わってくるんですが「半日くらいならふっくらと、長く干す程身がしまって味わいが濃くなる」という感じです。
干し時間もお好みで調整してみてください。

ただ、湿度の高い夏場に長時間干していたり、また雨が降っている時に干しているとカビが発生する事もあります…そんな時は無理に屋外で干さずに、冷蔵庫に入れて乾燥させるようにしましょう。

目安としては触った時にベタ付きがなくなったら完成です。
537.jpeg

(9)焼いて食べる
538.jpeg
みりん干し美味しいです!白ご飯どんどんすすみます。日本人が大好きな味ですね、これは。


[保存について]
出来上がった干物はラップ等に包んで冷蔵庫に入れておくと、2〜3日くらいは保存できます。冷凍保存でも1〜2週間くらいは保存できるようですが、できるだけ早めに食べるのがおススメです。
やっぱり時間がたつと味が少し落ちてしまいますので…。


干物の作り方の時にも書きましたが「干物作りは夏の直射日光で」と思いがちですが実は湿気の多い季節はあまり適していなく、風の冷たい乾燥した季節の方が美味しくできあがります。
なので、今から涼しくなっていく時期は本当に美味しい干物が出来上がります。

これからの季節、初の干物作りを試してみてはいかがでしょうか?

魚を開いて、漬け汁に漬けて、干して、あとは焼くだけ。
凄く簡単なので是非、一度お試しください。


※夏場はちょっとだけ魚臭さがします。近所の人から苦情がこない程度に干物作りを楽しんでください。

スポンサーリンク








この記事へのコメント

スポンサーリンク