自宅でできるアジの甘露煮

他の魚が釣れなくてもサビキなんかでとりあえず釣れるアジ。
ただ「釣りすぎてしまって冷凍したり」「唐揚げは食べ飽きた…。」なんていう方の為にアジ料理のレシピを紹介します。

スポンサーリンク









【自宅でできるアジの甘露煮】
甘辛い味付けでご飯がすすむ甘露煮。甘露煮にする事で長期保存ができるようになるのも良いところです。今回は圧力鍋は使わずに骨まで食べられるようにという事で【豆アジ〜小アジ】くらいのサイズのアジを使ってのレシピをご紹介します。
1134.jpeg

[材料]
●豆アジ〜小アジ 200gくらい
●砂糖 大さじ3
●醤油 大さじ2.5
●みりん 大さじ2
●酒 大さじ1
●生姜 ひとかけ(5gくらい)
●水 100cc

[作り方]
(1)アジの頭とエラ、内蔵をとります
1126.jpg

今回はこれくらいかなり小さめのアジを使っています。
1125.jpg
1127.jpeg
これくらいなら今回のレシピで骨まで柔らかくなって美味しく食べられます。
あまりアジのサイズが大きいと圧力鍋を使わないとちょっと骨が口の中で残ってしまうかもしれません…。

また、頭が残ってても気にしない、という方はそのままでも大丈夫です(ちょっとジャリジャリとした食感が残るかもしれませんが)。その場合もエラと内蔵は取り除いてください。


(2)生姜を千切りにして、全ての調味料(イワシ以外)と鍋に入れます。
1128.jpeg

沸騰するまで熱してください。
1129.jpeg


(3)イワシを入れて落としぶたを乗せてください。
1130.jpg
1131.jpg

火加減は落としぶたから吹きこぼれないくらい(弱火〜弱めの中火)に調整ください
1132.jpeg


(4)煮汁が無くなるまで(20分〜30分くらい)煮込んで完成です。
1133.jpeg


(5)出来立ても良いですが、やはり甘露煮は一日くらい寝かせてからの方が美味しいですね!
1134.jpeg


「甘露煮や佃煮は難しそう…」と避けている方もいるかもしれませんが、このように本当に簡単に出来上がります。
また今回はできるだけ手がかからない簡単なレシピをご紹介しましたが、イワシを煮汁に入れる間にさっとフライパン等で素焼きをしておいても美味しいです!

「豆あじがサビキで大量に釣れて食べきれない。でも冷凍にすると味が落ちるから…」という方は、甘露煮を作って冷蔵庫に入れておくと美味しく長期保存ができてとても便利!
勿論、アジだけでなく小イワシや小鮎等、他の魚で作っていただいても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク







この記事へのコメント

スポンサーリンク